ブラジリアンワックスの噂と使い方

ブラジリアンワックスの噂と使い方

ブラジル発祥のワックスクリームを使った脱毛ですが、これは一般の脱毛クリームとは少し違います。
というか、結構強引な方法ですのでそんなにオススメはできませんね・・・
少なくとも、日本で毛について悩んでいる女性たちにとってはあまりにもひどい方法です。

ブラジリアンワックスの使い方

 

まずは除毛剤として使われている脱毛クリームと同じように、綺麗にしたい箇所にクリームを塗布します。
そしたら次に、しばらく放置をして塗布したワックスが固まるのを待ちます。

 

準備が整ったら、最後に思いっきり固まったワックスを引き剥がして脱毛完了です!

 

つまり、ワックスクリームの中に毛を絡ませて、固まった状態になったら思いっきり引き剥がすんですね。
そうすると、毛もいっしょにブチブチと抜けてくるというものです。

 

これは1本ずつ毛抜きで抜くよりも効率は良いですが、その分肌へのダメージが一気に来ます。
なので、あんまり日本人女性のデリケートな肌にはオススメできないでしょう。

 

あまりにも痛いと嘆く人が多いです

 

簡単にブラジリアンワックスのクチコミを調べてみるだけでも、ものすごい数の人たちが
引き剥がすときの痛みに苦痛の声をあげていました。

 

海外に住んでいる人は日本人女性がブラジリアンワックスをやっていることに驚き、
生理の前の日なんかだと、本当に激痛なんだそうです。

 

また、痛み止めとして鎮痛剤を進めている人もいるくらいでした。
相当痛いそうですので、ブラジリアンワックスを試そうと思っている人は、覚悟しておいてくださいね。

 

ブラジリアンワックスでの処理はサロンでもやっているそうです

 

どうやら施術者の腕によって痛みや効果が変わってくるらしいです。
なぜ市販で販売されているワックスでもできるのに、専門店で同じことをするのかは分かりません。

 

となると、やはりエステでプロにブラジリアンワックス脱毛を行ってもらうと、
自分たち素人がやるよりも遥かに痛みもなくて、スピーディに進んでいくのでしょうか。
施術当日には、痛み止めを飲んでからエステへ向かう人もいるみたいです。

 

また、毛の長さは1cmほどが一番痛みが少ないんだとか。
長いとその分痛さが増してしまうらしいので、通う予定のある人は毛を調整しておくといいでしょう。

自分で脱毛する人たちへ

これまで数多くの自分で行う脱毛の仕方について書いてきましたが、
最後にこのページでは、簡単に私の言いたいことを言っていきたいと思います。
それと、総集編のようなものとして、それぞれの自己処理方法のメリット・デメリットもお話しますね。

 

それぞれのメリット・デメリット

毛抜き

メリット:コツコツ抜いていくのが楽しくなってくる。上手にできると仕上がりが綺麗。達成感がある。安い。
デメリット:あまりにも時間がかかる。どこか1本でも抜くのに失敗するとストレスが溜まる。後遺症もある。

カミソリ・シェーバー

メリット:剃るだけなのでサクサク毛処理が進む。お金もあまりかからない。電気シェーバーだとなお速い。
デメリット:カミソリ負けをすると肌が赤くなってしまう。肌がダメージを受けている証拠。

脱毛クリーム・除毛剤

メリット:クリームを塗って放置して、サラッと洗い流すだけなので比較的楽ちん。
デメリット:タンパク質を溶かしているので肌にダメージを与えることは避けられない。

家庭用脱毛器

メリット:機械の性能によっては、エステ並みの施術を何度でも無料ですることができる。
デメリット:安くても数万円の出費がかかる。操作方法を誤ると危険な目に遭う。

ブラジリアンワックス

メリット:毛抜きよりもスピーディに毛処理をすることができる。
デメリット:とにかく痛い。一気に特定の範囲の毛を文字通り引き剥がすので激痛を覚悟しないとダメ。

 

最後に

 

これまでに5種類ほどの自分で行う脱毛方法についてご紹介してきましたが、
あくまでもこれらの方法は、家庭用脱毛器を除いて一時的な対策法でしかない、ということを頭に入れておいてください。

 

それぞれの毛処理の仕方には肌を傷つけたり、毛穴を広げてしまったりとデメリットがありますし、
場合によっては色素沈着になってしまう、ずっと黒ずんだままになることだってあるのです。
実際にそういった女性の方はいらっしゃいます。

 

だから、あまり長いこと自己処理を続けていくのはオススメできません。
できるだけ毛の生えてきた早いうちから、脱毛エステに通ってみたり、医療クリニックで脱毛をしてみたりと、
色々な挑戦をしてみてもらえると幸いです。