カミソリ・シェーバーの使い方

カミソリ・シェーバーの使い方

毛抜きの次に王道だと言えるのがこの刃物を使った毛処理の仕方ですね。
私も若いころはよく愛用していましたが、最近でもたまに使ってしまう方法です。
毛抜きみたいに時間がかかるものでもないし、サクサク剃れるのがいいんですよね!

逆剃りはリスクがあるが一番綺麗になる?

たまーにですが、毛並みに逆らってカミソリで剃っちゃダメという人がいます。
しかし、それでは正直言って、まともに綺麗に処理することができませんよね。

 

そういうことを言う人たちは、毛並みと同じ方向に向かってそりなさいといいます。
どうしてわざわざそんな中途半端な方法をオススメしてくるのでしょうか?

 

答えは、毛並みに逆らった逆剃りの場合だと、お肌にダメージを与える可能性があるからなんですよね。
ただ、ぶっちゃけて言うと、どっちも同じようなもんでしょう。

 

刃の付いたグッズを使っている以上、どちらに傾けようが傷は少なからず付くものです。

 

逆剃りをして肌がよく赤くなってしまっている人は、その毛並みに沿った方法を試してみると良いでしょう。

 

あまり強く押し付けないほうがいい

シェーバーを使っていると、どうしてもっと綺麗に剃れないの!?と思い、
電気のボタンを押してもっと振動を強くしてしまう人って多いと思います。

 

でも、イライラしてMAXの振動状態にしてヒゲを剃ってみると、すぐに血が出てしまったりするんですよね。
ある程度の深剃りをしてもムダ毛が気になってしまう場合でも、むやみに出力を上げるのは控えましょう。

 

特に顔の部分なんて、毎日のように誰かに見られるわけですから、
取り返しのつかないことになったら大変です。

 

常にシェーバーを使うときは、ある種のボーダーラインを保つようにしましょう。
どうして気になるなら、電気シェーバーを買い換えたり、カミソリを取り替えたりするようにしてください。