毛抜きを使った正しい抜き方

毛抜きを使った正しい抜き方

最初って、とてもとても痛くて「こんなもの続けられるか!」ってぐらい痛い思いをしてきたけど、
なんか知らないうちにコツコツ毛抜きで毛を抜くのが日課になってしまうんですよね・・・
そんなある意味で依存してしまう毛抜きの正しい抜き方をご紹介!

毛並みに逆らうべからず

毛抜きで毛を抜くときは、絶対に毛並みに逆らって引っこ抜こうとしないでください。
ただでさえ毛穴の広がる行為なのに、もっと悪影響が出てしまう可能性があります。

 

肌から生えているムダ毛は右側に靡いていたら、右から毛抜きグッズでそっと掴み、
根元から最初は優しく、そして引っこ抜けるまでそのまま右側に徐々に引っ張ってください。

 

このとき、毛抜きグッズをむやみに動かしたりせずに、
きっちりと毛の根元を掴んで引っこ抜くようにしましょう。

 

根元を掴めば途中で切れず

毛が細い人の場合だと、中途半端に体毛を掴んでも、
途中で引っ張っている最中に切れてしまうことがあります。

 

また同じようにつかめるぐらいの長さであれば問題ありませんが、
ギリギリ掴めないような長さになってしまうこともありますので、気をつけましょう。

 

もしも掴めなかったら、また伸びてくるまでその毛を引っこ抜くことができなくなります。

 

毛抜きグッズはしっかりとしたものを

いくら毛抜きの器具だからといっても、安価で買えるピンセット1000円ほどする高級毛抜きでは、
あまりにも性能の差が出てしまいます。

 

もちろん毛処理の質にも影響を与えてくるんですね。

 

使ってみれば分かりますが、明らかに簡単に抜けるものと、そうでないものがあるのです。
ここら辺は経験してみれば分かると思いますが、高級毛抜きグッズと言ってもたかだか1000円程度。

 

ここは思い切って、今後のことも踏まえて高めの毛抜きを買ってみてはどうでしょうか?
コツコツ引っこ抜く作業の効率が上がると、楽しくなってくるもんです。